関連サイト リンクなど



親の紛争が子供に与える影響

.oz�3LvyJ�`z�\�3����ӏJΫ��n�|��� �]Fs~�.�� �O������}4A�_p���B��� ��{u��X^���n?i��ۘ �SU�|z96��b04*�BQ[�Wcd�5Q�C�������lF��d�ٖAL�H'�n�/9,3f����w�"$sN�����(Q�P�l�Q=���0NUv�/����1� {�����a򡢔�(���y�z�|9����,�J�:���w�x�����7��4u�>���Wq�|�6i���Dy�B��MNƹ�*�2�Dž��&m��]�� iSv{cΉ �y��#8��&�ɩފ����W�HQ��/(���;W���-��� .���� �f�����+�����{�Y�����^sI>�L��wtñ�� �X�)` :y�E�uE��tGG�Yn]{�����y@�R�C ��܏��p����4&��'���i�Q{뇏˓�w)nLT��_4��a�)���k`W�O��>���F �u>�Kg/��ӕ8�5���}�^�k��eN��� �K��<~ 3�/U���[X��:sp�c�* ƅ��8i�v������p|<<n��C��Hc�J2.����ľ�8>)��t@����!r�lK�:I�<�1�Ǚ5��&=�����;I����FW��i-��JC�#͙��P?��9�׻� 8��&�6tm`�f�p< ߛ�j� ������!�!��c�÷�[xG��è��ι.s�l� պ&�uFX�0=I��~x�����������u�{�U^'�� ��:3��)���5�\�����y�렴�/�3y�-?y|��_��2��8�{J��* �/>�t^ ���';��������P<>�@;$:za�>ρ_Uxxj��@2��͖vE KQ���Ajbj���P<�V�����}Е���ɣ�5}<@��m�>�8o�?�Qt7J`�ÃΆ�.d�������P�ߋq�S+�T#���z\�l������䴌X�7m�^$������y�p��\ ��a�����ֹ;E����OS(�u�}�

www.toben.or.jp




DV防止法~配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律 | 弁護士法人泉総合法律事務所

配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(以下、「DV防止法」、あるいは、単に「法」といいます。)とはどのような内容で、どのような場合に保護命令が発せられ、それに違反したときはどうなるのでしょうか。 以下では、DV防止法所定の保護命令の内容や類型、保護命令違反で逮捕された後の流れなどについて、順次、解説することとします。 1.DV防止法の目的等 DV防止法は、配偶者の暴力を防止し、被害者を保護するための施策を講じることを目的としています。 すなわち、DV防止法は、「配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であるにもかかわらず、被害者の救済が必ずしも十分に行われてこなかった」こと、「配偶者からの暴力の被害者は、多くの場合女性であり、経済的自立が困難である女性に対して配偶者が暴力を加えることは、個人の尊厳を害し、男女平等の実現の妨げとなっている」ことなどに鑑み、「このような状況を改善し、人権の擁護と男女平等の実現を図る」ものです(DV防止法前文参照)。 (1) 保護命令制度 そして、DV防止法は、配偶者からの暴力に係る通報、相談、保護、自立支援等の被害者の保護体制の整備を図るとともに、加害者の被害者への接近等を禁止する保護命令制度(法10条)を導入しています。 この保護命令制度は、配偶者からの暴力により被害者の生命又は身体に対する重大な危害が発生するおそれが大きいと認められる場合に、迅速に、被害者の生命又は身体の安全を確保し、ひいては、家庭の平穏を確保するという観点から、国家が夫婦間の生活関係に後見的に介入し、加害者に対して、被害者への接近禁止等を命ずるものです。 2.保護命令の内容 (1) 保護命令の趣旨 保護命令は、配偶者からの身体に対する暴力又は生命等に対する脅迫を受けた被害者が、将来、配偶者からの身体に対する暴力により生命又は身体に重大な危害を受けるおそれが大きいと認められる場合に発せられます(法10条。ただし、法28条の2では、配偶者以外の一定の範囲の者にも準用されています。)。 ここにいう「配偶者」とは、婚姻の届出をした法律的な婚姻関係にある者のほか、婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者(いわゆる内縁関係)を含む概念です(法1条3項)。 (2) 保護される被害者の範囲

刑事事件に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉|泉総合法律事務所